レアジョブ英会話を体験してみた

レアジョブ英会話で無料体験レッスンを受けてみた(Happy Springさんの場合)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レアジョブ英会話で無料体験レッスンを受けてみた(Happy Springさんの場合)

自己紹介

名前:Happy Spring
年齢:30代前半
性別:女性
英語レベル:日常会話レベル

子どもには早いうちから英語を学ばせたいと思い、まずは自身が体験してみようと思いました。以前、英会話スクールに通ったことがあるのですが急な仕事が入ると休みがちになってしまったり、振替授業を受けるにも条件が色々厳しかったりと通学しにくい経験がありました。そこで、自分のペースで好きな日時に受講できるオンライン英会話に興味があり、レアジョブ英会話は聞いたことがあるので申し込んでみました。

1回目の無料体験レッスン

1回目の体験レッスンの講師

フィリピン出身のChery先生という女性講師でした。

ベテランの感じで、ゆっくり優しい単語で話しかけてくれたので緊張せずに会話ができました。発音を直してくださったり

言い換えの表現方法等教えてくださり、上述の通り、大切なことはチャットにも残してくださったので復習になります。

久しく英語から離れてしまっていたので、頭が疲れましたし単語をずいぶん忘れてしまっていることに気づかされました。耳だけはまだ健在だったようで良いリハビリになりました。

おっとり丁寧な方でしたので、初回でこの先生のもと受講できてラッキーだったと思いました。次回も教わりたいと思える方でした。

1回目の体験レッスンの内容

Skypeの利用がはじめてで、教材画面を見たりチャットを見たりするのに少し手間取ってしまいましたが、講師の方にゆっくり丁寧な英語で応対いただきましたので、安心して取り組めました。

レッスンの流れは、まず10分ほどお互いの自己紹介をします。先生から始め、名前、年齢、趣味、大学時代に勉強してきたこと、などお話いただき、私の番となりました。同じように自身のことを一通り話した後、この英会話講座を利用して、ゆくゆくどんなことをしたいのかと聞かれました。私は、いまは小さい上の子を見ながら妊娠中の身でなかなか外に出ることができないが、いずれ二人とも保育園に入れられることができたら、英語を使ったお仕事をしたいとお伝えしました。

具体的にどんな仕事を希望しますか、とさらに聞かれ、まだ正直イメージはできていないと答えました。それではオーラルコミュニケーションとしてベーシックな部分をしっかりマスターしてどんどんステップアップしていきましょう、というような励ましをいただきました。次に、レベルチェックをするので質問に答えてください、と言われ3つほどあったのですが、最後の質問で、「あなたは携帯電話が壊れました、サポートセンターにクレームを言ってください」というのがありました。とっさに場面を想像することができず、「私の携帯は壊れていません」という意図されていない回答をしてしまって、後でああ、そういう状況であると仮定してcomplainするのか、と理解できました。

後半は事前に指定されていたURLがあったのですが、その教材をもとに勧められました。私のレベルだと「Can describe food.(食べ物の説明をできるようになる)」というレッスンゴールが定められており、テキスト全5ページをもとに先生の読んだ後をリピートしたりconversation、表現方法等を学びました。

教材を使った内容は10分ほどで最後まで終わり、残りの5分でフィードバックをいただきました。レベルは10段階中4。聞き取りはとてもよくできている。スピーキングは伝えたいことは分かるけれど、ビジネスレベルを目指して文法を強化しましょう、と言われました。

チャットにも具体的に直すべき表現等残してくださったので後で読み返せました。

2回目の無料体験レッスン

2回目の体験レッスンの講師

今回もフィリピン出身でEufaith先生という女性講師でした。

若い方で、とてもフレンドリーでチャーミングな先生でした。

途中、ネット状況が悪くフリーズしてしまった際も丁寧に対応いただけました。このフレーズの発音が良いとか、内容をしっかり理解していますね、等随所で細かく褒めてくださり、やる気が高まりました。

時間さえあれば、普通に雑談とかしたいような気持ちにさせてくださる優しい先生でした。

2回目の体験レッスンの内容

今回も自己紹介から始まり、緊張をほぐしてくださいました。

英語を使って何をしたいですか、とやはり今回も聞かれ、「I didn’t decide」と言ったら、もっと良い言い方がありますよ、「I haven’t decided yet.」と完了形を思い出させてくださいました。

学生時代、完了形文法は何度も勉強したはずですが、会話でとっさに出てこないものです。使わないと忘れるなぁと痛感しました。

後半は前回やったレストランでの表現方法の復習ということで

新しい表現方法も習いました。例えば、「delicious」は「delectable」とも言えます、delectableを使って何か文章を作ってみてください、と言われました。アイスクリームは美味しい、と言ってみたら、いいですね、でもdelectableはメインディッシュの時に使われることが多いです、と知らないことを教えてくださいました。

このように、レベルも自分に合っている感じでした。

また、日頃頻繁に使う「really」の発音について指摘され、何度も反復練習に付き合っていただきました。日本人の多くの方にとってRとLの発音が難しいようです、とおっしゃっていましたが、こんな時、画面で先生の口元を見ながら参考にして真似できるのでビデオチャット機能はとてもありがたいです。

質問はありますか、と何度か聞かれて特に出てこなかったことが残念ですが、それだけ授業の内容を丁寧に噛み砕いて教えてくださったという事だと解釈しております。

最後にフィードバックをいただきました。褒めるのが上手な先生で、「4 very good」とのことでした。スムーズに会話ができる、意思疎通が図れる、と評価いただきました。もっと練習してボキャブラリーも増やしていければなおいいですね、とコメントをいただき、ぴったり終了時刻となりました。

ユーザーページの使い勝手

ログイン後に、1回目の体験レッスンのページはすぐに見つけられたのですが、日を置いて2回目の体験レッスンを予約しようとした際、ログイン後に有料会員になる、というページに遷移するよう表示がされていたので予約画面にたどり着くまでに時間がかかってしまいました。

先生の自己紹介やどんな生徒にオススメか、などが一目瞭然で分かって選びやすいな、と思いました。

体験レッスンの通信状況

自宅の光回線(集合住宅)を使っての接続でしたが、2回目のレッスンではこちらの状況が安定しなかったのか、何回か画面がフリーズしてしまったことがありましたが、すぐに修復できたので進行に支障は出ず良かったです。

レジョブ英会話の在籍講師

在籍している全ての先生がフィリピンの方でした。私が体験レッスンを受けた2名の先生においては、教え方が上手でよくトレーニングされているといった印象でしたので、特に不満や意見はありません。

また、開始10分前でも複数の先生から選択することができるなんて、講師陣が手厚いなぁと感心です。

レアジョブ英会話を体験してみた感想

オンラインならではの、手頃さと自分の時間に合わせられる点でとても勉強しやすいと思います。

わがままを言えば、授業時間開始が30分単位ではなく15分刻みで設定があるとさらに嬉しいな、と思いました。予約完了やキャンセル、次のご案内等エビデンスをメールですぐにもらえるのも親切だな、と思いました。

1回のレッスンはあっという間に終わってしまいますが、忙しい日常の合間をぬって隙間時間に勉強できることは現代においてとても価値のあることだと思います。

英語は続けることが大切だと思います。また、face to faceで生の英語に触れる事もモチベーションを保つうえでも必要だと思います。

忙しいけれど英語を上達したい、机上の勉強だけでは物足りない、コミュニケーション力を上げたい、という方々には特に、

気軽にスタートでき、継続したいと思わせてくれるレアジョブ英会話をお薦めいたします。

関連記事